開花状況

チューリップ ユリ科チューリップ属

円形花壇では先に咲いた2代目の赤が終わりかけて去年植えた黄色が咲き始めました。
f:id:kubitaoru:20190412080238j:plain
家の陰になる花壇では蕾がたくさん上がっています。
f:id:kubitaoru:20190412080340j:plain
日当たりの良い南の庭は綺麗に咲きそろいました。
f:id:kubitaoru:20190412080420j:plain

謎のアブラナ科

庭に一本だけ生えてきたアブラナ科の株。
f:id:kubitaoru:20190413125327j:plain
小さい時はカラシナかと思っていたのですがどんどん大きくなって
葉はタカナほどの大きさになり丈もどんどん伸びて2メートルほどになりました。

日曜日の過ごし方

午前中は県議選の投票をすませて、庭の巡回。
f:id:kubitaoru:20190407104939j:plain
f:id:kubitaoru:20190407105442j:plain
秋に200個植えた黄色のチューリップがだんだんと咲いてきました。

開花日

ペチュニア ナス科ペチュニア

f:id:kubitaoru:20190407110009j:plain
f:id:kubitaoru:20190407104756j:plain
冬越ししたペチュニアが復活して咲きました。
もう少し伸びたら挿し芽して一気に増やします。

散髪

二月くらいには行きたかった散髪が伸び放題でやっと行くことができました。

虫日記

アシナガバチが木をかじっていたので近くに巣を作っていると思い探していたら
園芸資材棚の縁に巣作りしていました。
f:id:kubitaoru:20190407111138j:plain
f:id:kubitaoru:20190407111144j:plain
f:id:kubitaoru:20190407165704j:plain
夕方には三つの部屋が出来ていましたが、何かと邪魔になって
刺されそうなところなので退去していただきました。

[畑日記]

午後は畑へGO!
畝2本に黒マルチを敷きなおして苗床に育病中のジャガイモ*1
そのままの種芋を植え付け。

*1:キタアカリ

お花見

天気が良かったので急遽花見を決行。
嫁さんと母と3人で重信川沿いの公園に繰り出しました。
お昼少し前に出発できたのでうまく近くに駐車することも出来て、
桜の木の下にテーブルを置くことが出来ました。
f:id:kubitaoru:20190406120847j:plain
f:id:kubitaoru:20190407232926j:plain
f:id:kubitaoru:20190406124304j:plain
ビールも美味しくいただきました。

チューリップ ユリ科チューリップ属

円形花壇のチューリップが咲きすすんできました。
f:id:kubitaoru:20190403080532j:plain
最初に咲いた黄色は新しく植えた球根でなく数年前から定着して
毎年咲いている黄色だと過去の日記で確認しました。
赤いのは前回植えた300個の球根の二代目です。
新しく植えた200個の黄色はもうすぐ咲きそうです。

開花日

モッコウバラ バラ科バラ属

塀の上に這わせているモッコウバラが咲き始めました。
f:id:kubitaoru:20190403081354j:plain
今年は芽吹きを虫に喰われた部分があるのが残念ですが
満開になるとそこそこ見栄えがすると期待しています。

第11回 四万十川桜マラソン

今期第8戦。2年ぶり6回目の参戦となります。
6時前に起床。
6時から本堂にて朝のお勤めでお経と住職のお話を聞く。
6時半朝食。ゆっくり着替えて8時過ぎにチェックアウト。
会場で顔なじみのランナーさんとご挨拶して、9時スタート。
f:id:kubitaoru:20190404003136j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003137j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003138j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003139j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003140j:plain

f:id:kubitaoru:20190404003141j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003142j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003143j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003144j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003145j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003146j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003147j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003148j:plain
f:id:kubitaoru:20190404003149j:plain